【防弾少年団】ジョングク、腕に入れた新しいタトゥーの意味

先月末に、防弾少年団のソウル単独コンサートで確認された、ジョングクの新しいタトゥーの意味が話題になっています。

10月26日に衣装の隙間から確認された文字

ジョングクの右腕タトゥーの意味に注目

ジョングクの右腕に新しいタトゥーがはっきりとファンにより確認されたのは、先月26日に開催された、ソウル公演「LOVE YOURSELF:YOURSELF [THE FINAL]」でした。しかし、実際には10月11日のサウジアラビア公演の時から、肌色のテープで覆われていたことが明らかになっています。

▶ 【防弾少年団】ジョングクの腕にまたまた新タトゥー確認と話題(噂になったタトゥーイスト女性が掲載した画像と同じか)

10月11日のサウジアラビア公演では、テープで隠していたことが判明
肌色のテープを使用

ジョングクの座右の銘は故カート・コバーンの名言

右腕の英文タトゥーについては、あくまで衣装の袖から一部「〇〇 AN COOL」しか見えなかったため、全文は確認されていませんが、ファンにより、この文章がジョングクが2014年の「BTS FESTA」でプロフィールに書いた座右の銘

Rather be dead than cool

(情熱無く生きるくらいなら、死んだ方がマシ)

ではないか、との指摘が出ています。この言葉は、アメリカの世界的ロックバンド「ニルヴァーナ」のヴォーカル、故カート・コバーンの名言としても知られている言葉です。

2014年のプロフィールに座右の銘として記入

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です