パク・ユチョン新作アルバム 批判強く韓国での発売は確認中(日本・タイなどで販売予定)

アルバムを準備中のユチョン

新作アルバム、韓国国内販売は確認中

昨日、パク・ユチョンが新作アルバムを発売することを予告した中、関係者への取材で韓国国内での販売がまだ確定していないことが明らかになりました。

関係者によると

ユチョンが新アルバムを準備しているのは確かだ。来月9月末頃に発売時期を決めたばかりで、アルバムの準備はすべて終わった。

<韓国国内発売について>

まだ調整中。

ひとまず、国内を除いた、タイ、日本など、多くの国でアルバムを発売しようとしている。国内での発売は可能かどうか、まだ確認中だ。

また、同時にタイでのファンミーティング開催を予告したものの、新型コロナウイルスが世界的に終息していない状況であることから、疑問の声が集まっていることに

アルバム発表後に、ファンサイン会とミニコンサートを開催する予定だが、まだ時期は決まっていない。 新型コロナウイルスの状況を見て進める計画で、タイで最初に開催する予定である、という意味だ。

<ユチョンの近況について>

アルバム準備をしており、捨て犬関連のボランティア活動をしながら過ごしている。

韓国国内の批判は依然、強く

パク・ユチョンについては、薬物疑惑に包まれた際、「陽性なら引退する。」と身の潔白を涙ながらに記者会見まで開いて証言したことで、その後、バッシングが強まっています。

さらに「懲役10ヵ月、執行猶予2年」を言い渡された際

これから社会奉仕して、一生懸命に正直に努力して生きていく。

と、自粛を約束していたが、その後も、ファンから贈られたプレゼントの前で笑顔の写真を公開したり、飲酒ライブ放送、有料ファンイベント、早期の活動再開など、まだ騒動から日も経たぬうちに「自粛」とは程遠い姿を相次いで公開していることで、さらなる批判が集まっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です