「2021年 グラミー賞」BTS、BLACKPINK、SuperM、部門ノミネート提出リストまとめ

BTSのノミネート提出リスト

BTS、BLACKPINK、SuperMが提出したGrammy部門リスト

「2021年(第63回) グラミー賞(Grammy Awards)」(来年1月開催予定)に、K-POP歌手側が提出した、部門別リストが話題になっています。

「グラミー賞」はノミネートしたい部門にアーティスト側から提出する形式となっており、この提出されたリストの中から、「グラミー賞 審査委員」が各部門ごと、数組ずつ最終的な候補者を選出する予定です。

<BTS>

「MAP OF THE SOUL : 7」

今年のアルバム、ベストポップボーカルアルバム、 ベストエンジニアアルバム

「DYNAMITE」

今年のレコード、今年の歌、ベストミュージックビデオ、ポップデュオ/グループパフォーマンス賞

など、計7部門に提出

リスト提出歌手は300~1000組以上、K-POP歌手の最終候補に期待

BLACKPINK

<BLACKPINK>

新人賞

「ICE CREAM」

今年のレコード、今年の歌、ベストミュージックビデオ、ベストポップデュオグループパフォーマンス

など、計5部門に提出

SuperM

<SuperM>

新人賞

「Jopping」

ベストミュージックビデオ、ポップデュオグループ賞、今年のレコード、今年の歌

「SuperM」

今年のアルバム、ポップボーカルアルバム、ベストエンジニアアルバム

など、計8部門に提出。

なお今年、アーティスト側から「グラミー賞 審査委員会」に提出されたリストの数は大体

「今年のレコード」 1463組

「今年のアルバム」 1225組

「今年の歌」 1443組

「新人賞」 343組

「ベストポップデュオ」 334組

あったとされ、この中からK-POP歌手が、最終候補者にどれだけ選ばれるかに注目が集まっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です