【STAYC】デビュー4日で盗作指摘に制作会社が謝罪、マイリー・サイラスと酷似

上:マイリー・サイラス、セットが似ていると指摘

STAYCのMV制作会社が、盗作疑惑に事前調査不足を謝罪

K-POP界のヒットメーカー、ブラック アイド ピルスン(Black Eyed Pilseung)が初めて自ら手掛けたガールズグループ「STAYC」のデビュー曲「SO BAD」のMVへの盗作指摘について、MVの制作会社「Rigend Film」側が回答しました。

この度の「STAYC」のMV盗作論争について、弊社はMVのスーパーバイジングとして、企画、演出、アートなど全ての部分に関与し、総責任を務めたため、関連盗作論争について恥じ、痛恨の念を禁じえません。

オマージュという誤解素地の単語で、関連場面を合理化する思いは全くなく、数々の小道具(ミラーボール、コンピューター、銀箔素材の背景、木など)に対する組み合わせを演出段階で監督たちと協議の末に決定し、現場の配置を通じて党叙した場面により、一切の関連場面を盗作しようとする意図はなかったことを明白にお伝えいたします。

リストアップした様々な小道具は「Rigend Film」の演出MVでよく用いられる小道具でもありました。しかし、このようなアートアイテムの組み合わせを通じて、結果的に披露したこの場面は避けては通れない論議であることを認知し、認めることになります。

この論議でご心配をおかけしたHighupエンターテイメントと「STAYC」、関連スタッフのみなさまに謝罪の言葉を直々にお伝えし、制作段階でビジュアル、アートコンファームなどの徹底した事前調査を行わなかった部分について、多くのファンのみなさんにも謝罪申し上げます。

今後は多くのファン、大衆の方々が楽しめるクリエイティブな映像制作ができるよう、さらに努力する「Rigend Film」になります。

もう1度、謝罪申し上げます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です