「BigHitレーベル」カウントダウン公演 視聴数なぜ発表されないのか?指摘(BTS公演より少なかった?)

今回は発表が難しいという立場

BigHitレーベル「カウントダウン公演」視聴数 発表されずと話題

昨年の大晦日から新年にかけて、BigHitが開催した「レーベル合同カウントダウン公演」について、開催から5日が経過した現在も、視聴数などが発表されていないことが話題になっています。

BigHitレーベルはこれまで、BTSのオンライン公演を開催する度、事前販売した有料視聴チケット枚数や、6月開催時は107カ国75万6000人、10月開催時は191カ国99万3000人と、世界のアクセス国数、視聴数を公表し、記録を更新して来ました。

さらに今回のカウントダウン公演は、BTSだけでなく、多くのレーベル所属歌手なども参加する大型イベントだっただけに、そのチケット販売数および、アクセス数の記録更新にも期待が高まっていましたが

今回の公演は放送中継を兼ねているため、正確な視聴者数を試算するのは難しい。

と明かし、この発表に一部ネットユーザーからは

それでもすごいアクセス数だったなら、発表していたはず

思った以上に伸び悩んだのでは?

BTSの単独カウントダウン公演にするべきだった

BTSのこれまでの単独公演よりアクセスが少なかったのでは?

など、指摘が起こっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です