キム・ヒョンジュン(SS501)久々テレビ出演で近況語る(元恋人と長い訴訟、飲酒運転、人命救助など)

テレビ出演で心境を語る

キム・ヒョンジュン、久しぶりのテレビ出演

SS501出身のキム・ヒョンジュンが、KBS「何でも聞いて菩薩」で久々のテレビ出演を果たしました。

キム・ヒョンジュンは2014年8月に元交際相手のA氏から暴行被害で訴えられたのを皮切りに、数々の議論に巻き込まれ、当時、A氏は秘密保持などの条件で6億ウォンを受け取り、合意する約定を結んだ後、告訴を取り下げ、キム・ヒョンジュンは傷害及び暴行致傷の疑いで罰金500万ウォンの略式命令を受けています。

しかしその翌年、A氏が「キム・ヒョンジュンに暴行され流産した、キム・ヒョンジュンが中絶手術を強要した。」と、16億ウォン相当の損害賠償訴訟を再び起こし、裁判所は昨年11月、A氏側に虚偽により、キム・ヒョンジュンの名誉を傷つけたと判決を下し、約5年に渡る訴訟に決着をつけた。

この長い裁判の過程で、A氏とキム・ヒョンジュンが交わした会話内容なども公開され、キム・ヒョンジュンは大きなダメージを受けた。

その後、キム・ヒョンジュンは入隊し、いよいよ芸能活動の再開と期待されたが、2017年3月には飲酒運転で摘発され、再び議論となった。

その後は1度国内ドラマに出たものの、表立った活動はしておらず、主に海外を中心に活動してきた。

心境を報告、昨年の人命救助のエピソードも

番組に登場したキム・ヒョンジュンは

他人の目が気になり、僕は元々は明るい人間なのに、萎縮してしまう。萎縮せずに明るく生きていけるだろうか・・・毎日のように自分を責めている。

過去に足を引っ張られ、苦しい。親しい人や家族の前では楽なのに、見知らぬ人の前では、私を非難しているのでは、と萎縮してしまう。

私は避けるべき人だと、私と親しいことが知られれば(相手に)良いことはないだろう、と、芸能界の同僚たちにも気軽に連絡できない。

(今は)過去のアイドル時代のように大きな人気は望んでいない。

<昨年、心肺停止の料理長を助けたことがニュースに>

(当時)済州でスキューバをしながら過ごしていた。

(料理長が倒れ)3分間の心肺蘇生法を行ったが、正直言って、瞬間が恐ろしかった。余計なことに巻き込まれるのではないか?とも思った。

幸い、7~8分後に倒れた方が起きられたので、そう思った自分自身がとても恥ずかしかった。

放送後、自身のSNSを更新し

久しぶりにテレビに出演できて、とても負担にもなったし、心配もしたが、これまで感じていた感情や悩み、私の近況も話せて良かった。15分という短い時間で、私の全ての本音を表現することはできなかったが、話せる機会を下さった多くの方々に感謝したい。

皆さんの言葉が今後、私が生きていくための土台だと思って、もっと明るく温かく過ごしたい。久しぶりの出演にもかかわらず、視聴して下さった視聴者の皆さん、私を気遣って下さったスタッフの皆さんに、改めて感謝します。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です