歌手ビッグジョー(43歳)手術中に亡くなったことを発表(体重320kgで活動中断)

320kgの頃

ビッグジョー、手術中に亡くなったことを発表

先日、320kgになったことで入院治療を受けるため、活動中断を発表したビッグジョーが、手術中に亡くなったことが発表されました、享年43歳でした。

ビックジョーは本日(6日)午後6時20分頃から、京畿道の病院で体内炎症を取り除く手術を行っている最中、状態が悪化し、死亡したとのことです。

関係者はメディア取材に対し

デビュー後にも一時、体重が250kgに迫ったことがあり、当時も体に随時炎症が生じていた。今回、体重がまた増え、病院に入院した。炎症のため臓器に問題が生じ、出血もあり、手術を受けたが出血が止まらなかったために死亡した。

ビッグジョーの家族は母親だけで、現在、あまりにもショックを受けている状態だ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です