ヒムチャン(元B.A.P)強制わいせつ容疑裁判、一審で実刑判決(昨年は飲酒運転で事故も)

ヒムチャン

ヒムチャン、2018年の強制わいせつ容疑 一審で実刑

本日(24日)、ボーイズグループ「B.A.P」出身のヒムチャンについて、2018年夏に起こった、ペンションで女性への性的暴行容疑の1審判決が下されました。

ソウル中央地裁は、強制わいせつ容疑で起訴されたキム・ヒムチャン被告について、懲役10ヵ月を言い渡し、40時間の性暴力治療プログラムの履修を命じました。

裁判では

証拠によると、被害者の陳述は十分に信憑性があり、公訴事実を裏付けている。このような理由から、被告に対する公訴事実を認め、有罪と判断する。

また、被告人の犯行経緯の内容は罪質が悪く、被害者から許されることはなかった。

本日、被告人に実刑を言い渡すが、被害者から許されるよう努力する機会を与えるため、法廷で拘束することはしない。

と、あくまでヒムチャン側は「お互いに好意があった」と、強制わいせつを否定し続けていましたが、一審で有罪となっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です