【LABOUM】逆走「第二のBraveGirls」で音楽番組出演検討も「買占め疑惑」から好意的な意見がないと話題

2017年、人気歌手IUを抑え1位に

LABOUM『想像プラス』第二の逆走曲「隠れた名曲」として話題に

「BraveGirls」の4年前の曲「Rollin’」が突然、音源チャートを駆け上がり、音楽番組でも1位を獲得するほどの「逆走劇」を見せている中、韓国では「隠れた名曲」がネット上で話題になっています。

そんな中、現在「第二のBraveGirls」として、じわじわと人気が集まっているのが、2014年にデビューした「LABOUM」の5年前の過去曲「想像プラス」です。

この勢いを感じ、所属事務所のGlobal H Media側は

LABOUMの『想像プラス』がチャート逆走の人気に後押しされ、音楽番組への出演を検討している。

まだ確定ではないが、ファンの応援にお応えするために議論中。

現在、「想像プラス」は、圏外からチャートの1000位圏内に入っていることが話題となり、さらに音楽番組への出演まで果たせば、第二の「Rollin’」、第二の「隠れた名曲」となる可能性が話題になっています。

LABOUM、1位経験があるも逆に当時の「買占め疑惑」が再燃

LABOUMの『想像プラス』への関心や、音楽番組への出演報道が流れる中、ネット上では、「BraveGirls」の時とは違い、あまりLABOUMへの好意的な意見がないことが話題になっています。

特に、LABOUMはBraveGirlsとは違い、音楽番組で1位の経験があることが知られ、さらに、1位になった当時、人気歌手のIUと争って勝つ、という、すごい結果を残していることが再注目されています。

高すぎる配点への疑惑(放送点数が2086(IUは44))

アルバム買占め疑惑

(買占めではなく、企業による大量購入と否定。広告契約した某企業が、利用顧客への贈呈品としてアルバムを大量購入と説明)

ヤラセ疑惑

など、再注目により、当時、釈明文を出すほどの騒動となった疑惑や指摘が、再びネットで話題となっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です