【EXO】ベッキョン「4級(社会服務要員)」判定の理由「甲状腺機能低下症」(高校から喉や顔が腫れる時も)

来月、入隊を発表

ベッキョンの4級判定の理由は「甲状腺機能低下症」

5月6日に「社会服務要員(公益勤務要員)」としての 代替服務を発表した、EXOのメンバー・ベッキョンについて

直前まで活発な活動をしているベッキョンが「現役入隊」ではないことに、一部で疑問の声が集まっていた中

Dispatchが、ベッキョンが「4級判定」を受けた理由として

甲状腺機能低下症の薬の服用により、兵務庁の身体検査で4級判定を受けた。

と報じました。

ベッキョンは兵務用の診断書に、ここ1年間の治療記録を兵務庁に提出し、当該疾病による評価基準の中で最も低い等級を受けた。

兵務庁によると「甲状腺機能低下症の場合、3段階を基準に調べる。少なくとも6カ月以上の投薬が証明されれば、4級に当たる。」

また、ベッキョンの知人によると

1年に1度、血液検査をしながら経過観察をしている。ベッキョンが甲状腺に問題があることを知ったのは、高校時代からで、ひどい場合は喉と顔が腫れるほどだった。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です