K-POP歌手「30歳まで兵役延期(BTS法)」に韓国音楽コンテンツ協会が国防部に反対意見

BTSしか対象にならない?

「コンテンツ協会」対象が厳しい「30歳兵役延期」法に反対意見

社団法人「韓国音楽コンテンツ協会(K-POP産業を代表する国内外の企画会社、流通会社が会員)」が、「兵役法施行令改正案」に関連する反対意見書を4月1日に国防部に提出していたことが明らかになりました。

反対意見書の主な内容は

施行令により、大衆文化芸術界(K-POP)の30歳までの兵役延期が可能にはなったものの、その対象資格が、平均年齢が60歳以上となっている受勲者に決められたことにある。

実効性に関する問題提起、他産業の兵役延期基準との公平性論争、特にベンチャー産業の兵役延期基準、そして他の文化界、スポーツ界の兵役免除特典との公平性論争に関連し、K-POP界の立場を詳しく明らかにしている。

音楽コンテンツ協会側は

国防部が「全世界で活動するK-POPアーティストをより多く輩出できるよう、大衆文化産業を支援する」と兵役法施行令を改正したが、免除でもなく、30歳までの延期対象者が「文化勲章」受勲者に制限された。

勲章を受けるためには、15年以上の活動が必要で、既存の受賞者の平均年齢は60歳を超えている。国防部の今回の改正案は現実性がなく、他の産業界と比較しても、大衆音楽界に相対的剥奪感だけを与えている。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です