故 ジョンヒョン(SHINee)遺影を米歌手が勝手に広報画像に利用(悪びれずさらに批判殺到で、謝罪)

問題となった遺影画像

米歌手オリバー・ツリー、故ジョンヒョンの遺影を勝手に利用

2017年にこの世を去った、SHINeeのジョンヒョンの遺影を「米国の有名歌手が広報画像に勝手に盗用した」との指摘が話題になっています。

Oliver Treeが「遺影」をモチーフにした、自身のツアー広報画像をSNSに公開すると、故ジョンヒョンの遺影写真と似ている点が指摘され、騒動となりました。

SHINeeのファンから、持続的に問題提起がなされましたが、これまではむしろ「過激反応だ」と大した問題ではない、との反応を見せていました。

元画像

ハッシュタグ運動にまで発展し、謝罪

この悪びれない態度に、さらに最近ではSNSに「apology Olivertree(オリバー・ツリー謝れ)」とのハッシュタグ運動にはまで発展する事態となっていました。

結果として、オリバー・ツリーは

ジョンヒョンの写真について、傷ついた全ての人に謝罪したい。

私は誰にも害を及ぼす意図はなく、画像のの出所も知らなかった。知っていたなら、絶対にアップしなかっただろう。出所を聞いて、すぐ問題の写真は下ろした。

バカなことをした、当時は問題の深刻さを理解できていなかった。

当時、私が死に関するアルバムを作っていて、幼い頃に従妹の死を見た後、死への探求をして来たため、故意ではなかったが、ジョンヒョンの家族、そして全ての方々に哀悼の意を表します。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です