【BTS】米国「2021アメリカン・ミュージックアワード(2021AMA)」3冠(アジア歌手 初の大賞を受賞)

受賞の喜び

BTS、アジアアーティスト初「AMA」で大賞

本日(21日)、米カリフォルニアで開催された、「2021 アメリカン・ミュージック・アワード(2021 American Music Awards)」で、BTSが3冠に輝きました。

特に大賞の1つであり、世界的な歌手、テイラー・スウィフト、アリアナ・グランデなどの候補者を抜いて、アジアアーティスト初の

今年のアーティスト(Artist of the Year)

に選ばれています。

<RM>

とても驚いていて、何を言っていいのかも分からない。素晴らしいアーティストたちと共に舞台に上がれたことを、心から光栄に思います。

4年前、初めてAMAのステージで『DNA』を公演した時は、興奮と緊張でしたが、その後の長い道のりで、誰もこの賞を(僕らが)受賞できるとは想像できなかったでしょう。でも、僕らのファン「ARMY」は想像してくれていたはず。

韓国から来た7人の少年たちが、音楽に対する愛と、アミーへの愛と支援を受けて、ここまで来れた。栄光を皆さんに贈り、HYBE、BigHitミュージックのスタッフ全員に感謝します。

<ジョングク>

僕らの音楽で幸せをお届けしたかった。この賞は僕らが開くことになる、新しいチャプターの始まりとなる。この数年、学んでいることがあるとするならば、毎瞬間ごとが、大事だということです。

ノミネートされた3部門、全てで受賞の3冠

さらに、BTSは「今年のアーティスト」以外にも、2つの賞にノミネートされており、今年はノミネートされた3部門、全てで受賞しています。

「フェイバリットポップデュオ/グループ(Favorite Pop Duo or Group)」賞

「フェイバリットポップソング(Favorite Pop Song)」賞(Butter)

これでBTSは2018年から、今年まで、4年連続「アメリカンミュージックアワード」で賞を受賞したことになります。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です