元PRISTINギョルギョン(I.O.I)中国で無断活動を始めプレディスに訴えられる

ギョルギョン

PLEDISがギョルギョンの無断活動に訴訟提起へ

元「プロデュース101」から誕生したガールズグループI.O.Iのメンバーであり、元PRSTINのメンバーでもあった、中国出身のチュ・ギョルギョンについて、所属事務所のプレディスエンターテイメント側が訴訟を提起したことを発表しました。

2月19日、ギョルギョンに対しソウル中央地裁に専属契約効力確認の訴えを起こした。

ギョルギョンは2015年にプレディスと専属契約を締結した後、I.O.I、およびPRISTINに所属し、活発な活動を行い、また中国にも進出し、レギュラー番組を持つなどして来た。

プレディスと中国のマネージメント会社側は、ギョルギョンを「偶像練習生(中国版「プロデュース101」)に出演させるなど、積極的なマネジメントを行い、ギョルギョンが韓国と中国で認められるよう、最高のアーティストに成長できるよう、これまで支援して来た。

しかし、2019年9月初め、ギョルギョンはPledisに対し、郵便、メール、メッセンジャーなどを通じて、根拠のない一方的な解約通知書を送って来た。プレディス側のスタッフとのコミュニケーションも避けている状況で、現在ギョルギョンは、独自に中国でドラマ、芸能、広告などに出演し、専属契約に違反した無断活動を行っている。

最後に、現状からいって、法的対応を取るしかない状況であり、専属契約履行請求及び、損害賠償請求訴訟を提起している。

と、プレディス側はギョルギョンが先に、一方的な中国での無断活動を始め、違反行為を行っていると主張しています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です