【LABOUM】新事務所への移籍と、4人組として再始動を発表(リーダーのユジョンが脱退)

今後はインターパークMで、4人組として活動

LABOUM、7年契約満了でユジョンの脱退を発表

2014年にデビューしたガールズグループ「LABOUM」が、7年の節目に、新体制での活動を発表しました。

デビュー以来、所属したGlobal H Mediaから、インターパークの子会社「インターパークミュージックプラス」へのグループ移籍と共に、リーダーのユジョンの脱退が発表されています。

ユジョンは本日(8日)

8年目となる私たちは、所属事務所と満7年の専属契約が満了し、十分に話し合った結果、それぞれの道を歩むことになりました。

私を除く、残りのメンバーはグループ活動を続けていくことになりましたが、私は今回の7周年を最後に、グループ活動を終えようと思います。

LABOUMのリーダーとしての人生はここで終止符を打ち、今までのたくさんの経験に感謝し、さらに成長した姿で、また新しい人生へと挑戦し、進み続ける予定です。

これからの私の歩みもたくさん応援していただければ幸いです。

そして、残るLABOUMのメンバーたちの応援も、たくさんお願いします。

4人組として、新事務所で再始動へ

ユジョンの脱退発表後、残りの4人のメンバー(ソヨン、ジエン、ヘイン、ソルビン)は、「インターパークミュージックプラス」への移籍を発表しています。

「インターパークミュージックプラス」は、インターパークがアイドル制作のため、今年5月に新設したばかりの事務所で、LABOUMは初の契約アイドルグループとなります。

インターパーク側は早速、新体制となったLABOUMの早期カムバックに向けて、準備に入ることを明かしています。