【BLACKPINK】リサ「YGから冷遇差別」タイ報道(パリファッションウィーク不参加を誤解、ジェニーのせい?)

「ThaiEnquirer」ハッシュタグに「ジェニー」

BLACKPINK、リサだけファッションウィーク不参加に差別と怒り

BLACKPINKのメンバーは、それぞれが高級ブランドのグローバルアンバサダーを務めています。

先月25日、「2022 S/Sパリ・ファッションウィーク(9月27日~10月5日:現地時間)」出席のため、まず、ロゼとジスが出国、その4日後にジェニーもパリへ出国しました。

しかし、リサが出国したのは10月4日となり、これにより、ファッションウィークに1人だけ不参加になったことへの、不満の声が海外ファンから集まっています。

タイのメディアがリサの不参加を報道

特にネットユーザーだけでなく、タイの公式メディア「ThaiEnquirer」までもが

JUSTICE FOR LISA

と報じたことに、韓国ネットユーザーから、「誤解だ」と反論や批判が集まっています。

リサの全世界のファンが、今年の「パリファッションウィーク」での「BVLGARIショー」にリサが参加できなかったことを知り、激怒している。

ハッシュタグ「#YGLetLisadoHerWork」と、SNSを通じて、リサの所属事務所であるYGエンターテインメントへの失望感を表現し、拡散している。

BLACKPINKで唯一の外国人メンバーであるリサが活動を制限されたのは、今回が初めてではない。「BVLGARI」CEO、ジャン-クリストフ・ババン氏(Jean- Christophe Babin)は、現在リサがパリに滞在していることに、自身のSNSで

「残念ながら新型コロナウイルスの影響で、彼女のエージェンシーが、彼女をイベントやショーに参加させることを好まなかった。明日、ミラノで素晴らしいブルガリのイベントがあるのに、彼女が出席しないのは残念です。 」

と明かした。

ファンはリサがファッションウィークのどのイベントにも参加できないことに、そもそも、なぜパリに行かせたのか?とYGに疑問を抱いている。

一部ファンからは、他メンバーは現地イベントに参加させているのに、なぜリサだけダメなのか?と、「冷遇」「差別」だと指摘。

リサの海外ファン団体は、このような状況に怒り「今後は、リサのソロ活動を除き、BLACKPINKの活動応援を中断する」「我々は、YGの対応改善のため、絶えず抗議する」とまで明らかにしている。

「元々、セリーヌのラインナップは無かった」と反論

この指摘や、タイでの報道に対し、韓国ネットユーザーからは

このブルガリ会長の言う「ショー」とは、下着ショーのことで、ブルガリがコラボ参加したもの。しかも、リサが滞在しているのはパリで、ミラノではない。

特に現在、ミラノではコロナのデモが激化しており、必ず参加する義務もなく、東南アジアのファンは過剰に反応し過ぎ。

今回の出国はファッションウィークのためではなく、撮影との噂もあるし、ソロ活動で多忙だったリサの休暇とも言われている。「YGの差別」ではないだろう。

また、リサがアンバサダーを務める、セリーヌは今回「2022 S/Sパリ・ファッションウィーク」のラインナップには入っていない。それなのに、YGがスケジュールを消した、というのは、間違っている。

さらに、この「ThaiEnquirer」は、ジェニーのハッシュタグを意図的につけている、ジェニーには全く関係のない話。

公式メディアがこのような内容を拡散していいのか?

と、反論しています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です