ミナ(元AOA)「ジミンと会えるまで諦めない」暴力被害を追加暴露(他メンバーは実際は助けてくれず)

過去の暴露を続けるミナ

ミナ、さらに追加で暴力などジミンのイジメの実態を暴露

昨日(1日)、いじめ加害者だとするジミンからの「心からの謝罪がない」として、「直接会って話したい」と、連絡を試みていることを明かした、元AOAのメンバー、クォン・ミナが、追加で過去の暴露文と、他メンバーへの気持ちを掲載しました。

<暴露文抜粋>

練習生の時、パシらされたり、拳で胸を殴られたり、悪口とともに私だけ殴られたことが何度もあった。彼女の歌の指摘は私にだけ絶えず繰り返され、レコーディング時間になると神経安定剤をたくさん飲んだ。ダンスの時間も例外ではなかった。

宿舎は共同生活を送る場なので、誰かを連れてくる場合、メンバーらの許可を得て、少し立ち寄る程度だったが、(ジミンは)許可を得る人がいないので、勝手に連絡なく連れて来ていた。

自分は悪質なコメントが我慢できず、個人的な理由で「スケジュールに行かない」と言ったり、サバイバル番組(UNPRETTY RAP STAR)への出演後は「辛い」と泣くので、みんなで慰めもした。そんな人が、父が危篤の際、私が静かに涙を流していたら「雰囲気が悪くなる」と言って、クローゼットの前に行くよう言われ、私は父の最期を看取れなかった。

(過度のストレスによる体調不良で倒れる)

原因不明の発作で倒れ、救急に運ばれたら「子宮頸部異形成」との診断を受けた、ストレスが大きな原因だと言われた。

(メンバーについて)

チャンミは「ジミンを除いてグループをしたい」など悪口ばかり言っていた。ソルヒョンは「あの人は年寄り」、ユナもあの人のせいで大変だったので共感も少しあり、ヘジョンは私の苦痛を一番近くで見守って来た人。

私は期待していなかったが、みんな私の味方のように接してくれた。

しかし、誰かは「ビジネス」で、誰かは「本気」で言っていたのかもしれないが、そういう姿を目の当たりにしていた人たちが(ミナの最初の暴露文の後、ジミンとメンバーらが家に来た日)

(ジミンは謝罪に来たはずなのに)謝罪どころか、復讐を誓ったでしょう? 心のこもった謝罪の一言さえあれば、私は10年間のあのひどい経験を一瞬で許そうと思っていた。

しかし「全然覚えていない」と繰り返すだけで、そして(メンバーは)誰も私の側に立ってはくれなかった。

時間が過ぎて、私のせいでAOAメンバーが被害を受けたという残念な連絡が来たが、私のせいではない。最初は私も「ごめん」と返事をしたが、間違った人は別にいる。私ではない。

ジミン、あなたのせいでとても大変。会えるまで私は諦めない。悔しくて悔しくて、あまりにも壊れた。あなたのせいで運ばれた治療費、手首を切った回数は20回を超える、私はあなたと2人きりで話したい。連絡先、知ってるよね?

補償は望まないけど、悔しい気持ちを少しは晴らさせて欲しい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です