ADORミン代表「投資家と会ったことない、証拠見せろ」→副代表が食事したと認める(HYBEが反撃)

HYBE監査開始の翌日「投資家に会ったこともない」と疑惑否定

HYBE側、ADOR副代表と外資系アナリストとの会合を問題視

HYBEが、ミン代表を含めた傘下レーベル「ADOR」経営陣が所属アーティスト「NewJeans」と共に独立を企てている、と経営権奪取の疑いで動いている騒動で、ミン代表はHYBEから監査が入ってすぐに記者会見を開き、HYBEの疑いは「濡れ衣」だとして

(4月25日の記者会見)投資家の誰と、どのような謀議をしたのか?私の前に連れて来て

と、涙ながらに反論していました。

確かに「ミン代表は」会ってない?

しかし新たにHYBE側が14日、ADOR経営陣が「経営権奪取」を企てていた証拠として、外資系証券会社アナリストA氏との関係が疑われるため、金融監督院に陳情書が提出されています。

(金融監督院への陳情書)虚偽事実の流布、相場操縦行為、未公開情報を利用した株式取引など「資本市場法違反の疑い」について、ADOR経営陣および、外資系証券会社アナリストA氏に対し調査を依頼する。

HYBEが指摘しているのは、4月17日(HYBEとの会議前)に、来韓中だったA氏との会合をADOR副代表がセッティングしてもらっていたことで、HYBE側はこれに関連したミン代表と副代表とのカカオトーク内容も確保していることが明かされています。

HYBE側はこのA氏が、ADOR経営陣が「経営権奪取」に向けて動くための、事実上の諮問役として重要な役割を担っていると推測しています。

ADOR側、すぐに「ただのランチ」と反論

(ADOR側)副代表がHYBEとのミーティング前にA氏と昼食をとったのは事実

ただランチを共にしただけで、手続きと内容上、なんの問題もない私的な食事の席ですら「ADOR売却のための投資家ミーティング」かのように見せかけるのは、明白な嘘

HYBEは不必要な嫌がらせと問題提起をやめて欲しい

と「ただのランチ」だと反論していますが、そもそも「(脱HYBEの相談は)副代表との個人的な愚痴」、「いかなる投資家とも会ったことがない」と否定していただけに、後からA氏との会食が明らかになったことが話題になっています。

外資系アナリストと「ただのランチ」は無理がある?

なお、副代表については、ADORに監査が入る直前にHYBE株を全株売却するなど(インサイダー疑い)、現在、HYBEからミン代表の右腕として動きが注視されており、副代表が代わりに動いていたことが指摘されています。

<ネット意見>

ミンヒジンは、確かに会ってないね(笑)

ミン・ヒジンはプロデューサーとしては優秀だが、経営者・社会人としての常識はないようだ。すべて「大したことではない」で回答する

そのアナリストが副代表と学生時代からの友人なら「ただのランチ」でも通るが、さすがに来韓中のタイミングでわざわざ斡旋してもらって会ったのは、独立の相談をした、と疑われてもしょうがないだろう

涙で暴言したり「無視された」「ランチしただけ」など、女子高か?

だいたい悪いことをしたヤツほど「証拠を見せろ!」と逆ギレする(笑)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です