【NewJeans】東京ドーム以降わからない「ADORミン代表留任」会見&テレビ出演で改めて立場(独立無理)

1回目の記者会見からガラっと印象は変化

ミン・ヒジン氏「ADOR代表留任」で記者会見とテレビ出演

昨日(31日)、ADORの臨時株主総会が開かれ、ミン・ヒジン氏の代表が維持されました。

その後、ミン代表は2度目の記者会見、そして夜にはKBS「ニュース9」にも出演し、改めて自身の主張を伝えています。

「会社の利益を」和解提案、NewJeansの今後「分からない」

(パクアナウンサー)2回目の記者会見をされましたが、ずいぶん最初の記者会見と印象が違いますね。

(ミン代表)最初の記者会見の時は、本当に大変な状況だったので、仕方なく進行した部分もありました。

それに昨日の判決で勝訴したことで、立場も軽くなり、前の状況に対する整理、そして私の考えを少し申し上げることができました。

(パクアナウンサー)正面衝突の状況はまた予想できますか?

(ミン代表)その単語は色々な解釈ができると思いますが、私は今も実はそのような状況だと思っています。まだ今も継続していると思います。

(パクアナウンサー)HYBEとの和解は可能?

(ミン代表)私はとにかく、株主のためやファンの方々のためにも、皆のため、特にメンバー(NewJeans)のため、早い決定が必要だと考えています。実際、感情的な部分はさておき、現実的(会社の利益など)に考えるべきではないでしょうか?

(パクアナウンサー)裁判で両側が争っている事案ですが、HYBE側は「NewJeansを連れて出ようとした」と主張していますが、これは本当ですか?

(ミン代表)違います。全く事実ではなく、どんな状況になっても決定権はHYBEにあるため、私がどんな行動をしたとしても、全て知ることになる状況です。なので連れて出ようとする行為自体、事実上成立しない。

(NewJeansについて)ひとまず今は、進行中の6月21日に発売されるNewJeansの日本初シングル、東京ドームなど、私が計画した通りに進むと思います。

ただそれ以外は、私も今後どのように進むのかはよく分かりません。

ミン代表はテレビ出演の前に開いた記者会見でも、自身が勝訴したこと、HYBEとの和解案(今考えるべきは会社の利益)と明かしています。

2回目の記者会見の様子

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です