イルフン(元BTOB )大麻使用で懲役2年の実刑判決(反省と「家族が支える」と強調し善処求める)

イルフン

元BTOB、イルフンに実刑判決

本日(10日)、元BTOBのメンバーで、麻薬類管理に関する法律違反(大麻)の疑いで起訴されていたイルフン(チョン・イルフン)に、実刑判決が下されました。

ソウル中央地裁で行われた判決では

懲役2年、追徴金1億3300万ウォン(約1305万円)

が下され、裁判でイルフンの量刑について

購入、吸引の他に販売、流通など営利行為はせず初犯である点、そして自白して反省した点を勘案した。

と、検察側の「懲役4年」の求刑を、2年にした理由を明かし

実刑となったイルフンに「何か言いたいことは?」と問うと

ありません。申し訳ありません。

とだけ応え、この日、拘束されました。

罪を認め、家族が支える、と善処求める。

判決前には、イルフンの弁護側は

芸能生活のストレスを間違った方法で解消しようとした。

と大麻使用と罪を認めていること、また「家族が支える」ことを強調し、検察側の懲役4年に対し、善処を求めていました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です