【NCT127】思ったより人気ない、自社モデルをバカに「NATURE REPUBLIC」側が謝罪(説明不足に批判)

「NATURE REPUBLIC」の広告モデル

「NATURE REPUBLIC」NCT127をバカにしたような投稿に批判

韓国の化粧品ブランド「NATURE REPUBLIC(ネイチャーリパブリック)」が、自社の広告モデルを務める、NCT127を嘲弄するようなメッセージを掲載したことを謝罪しました。

「NATURE REPUBLIC」が21日、公式SNSアカウントを通じてNCT127の直筆サイン入りポラロイド写真企画の応募者数について

昨日、締め切られたポラロイドイベント、数万人(規模で)応募が来るかと思い、12月中の発表を予定していたが、1000人ぐらいしか来なかったので(^_^;)

今日すぐ当選者発表をします、多くの関心をお願いします♡

と、「思ったより参加者が少なかった」と、自社モデルであるNCT127の人気が無いようなメッセージをあえて掲載したことに批判が集まりました。

NCT127への不快な投稿内容を謝罪

その後、批判が集まると翌22日、「NATURE REPUBLIC」側が

ツイート関連で適切ではない単語選択と表現で、NCT127ファンの皆様を不快にさせた点、お詫びします。

すべての意見を謙虚に受け入れ、Twitter掲示文作成には、より慎重で責任ある姿に努めます。

と謝罪文を掲載しましたが、「謝罪文に全く反省が見えない」「1000人しか来なかった♡、文より、謝罪文の方が短い」とNCTファンからの怒りは収まっていません。

特にNCT127の人気がないような誤解を生む投稿について、ファンにとって今回の企画の注目は「ファンイベント」の方だったことが反論されています。

企画の応募者(商品購入者)が1000人だけだったかのような、誤解される投稿をなぜブランド側がするのか?

今回の企画は商品購入後に広報文を載せることが参加条件だった、つまり実際の購入者ははるかに多く、載せていない人がいただけ、NCT127に「広告モデルの力」がないような投稿をなぜしたのか?

(商品は購入したものの、ポラロイド企画に参加しなかったファンの認証ショットを多数掲載)

そもそも「ファンフェスティバル」に参加することがより重要なので、クリーム1つに応募券が1枚ずつ入っているため、あえて追加で広報(ポラロイド)企画に参加しなかった人も多かった。

「購入者が少なかったわけじゃない」説明不足などファン反論

加えて、「NATURE REPUBLIC」の失礼な投稿は今回だけでなく、ポラロイド企画開始の翌日(15日)には

2時間で応募された方が24人だけなんですよ。24人中3人当選なら、良い確率じゃないですか

と、応募者の少なさをアピールする内容、さらに大手企業が顧客に向かって使う言葉とは思えない軽い口調であることが「(NCTやNCTファンを)バカにしている」と批判が集まっています。

さらに、そもそも企画自体の説明不足も指摘されています。

お知らせが初めて出た時から対応が酷かった。「ファンフェスティバルをする」という告知だけで、場所、時間、重複当選した場合はどうなるのか?、認証方法など、何も知らせず、戸惑う人も多かった。

イベントの詳細も分からない中、広告モデルへの応援のつもりで商品を購入した人も多く、特に海外ファンも多いグループなだけに、企画の説明不足、ファンやグループを卑下するような掲載内容に、一体何がしたいのか分からない

ポラロイド応募企画、14日~20日まで開催

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です