【VIXX】ラビ、病名偽り「兵役法違反」容疑 大規模スキャンダルに発展か(20代俳優など 70人を捜査対象に)

ラビ

VIXXラビ以外にも、70人あまりを捜査対象に

入隊手続きの際、「てんかん」と診断書を偽るなど、免除や等級調整を手助けする兵役ブローカーが逮捕され、その携帯電話を解析した結果、大規模事件へと広がりを見せています。

現在、ブローカー集団が逮捕され、ブローカーがラビの名前を暴露したことで、ラビは「兵役法違反」の容疑で、近く検察で取り調べを受ける予定ですが、その後もブローカーの携帯電話の解析を進めている合同捜査チームは、ラビの他に、ある20代俳優についても容疑を立件する可能性が報じられています。

まだその俳優についての詳細は不明ですが、ブローカー集団の名簿だけでも、70人~100人の顧客名があり、その中には俳優など、多くの芸能人がブローカーを通じて不正行為をしたことが指摘されています。

「兵役不正」2004年以来の大規模事件に発展か

韓国芸能界では、男性有名人の「兵役不正」が消えない悪夢のように続いている。2004年にも芸能人とスポーツ選手など、大勢が関与した兵役不正事件が発生し、2007年にも「兵役特例不正事件」が発生しています。

今回も、そうとう大規模な事件に発展する可能性が報じられ、合同捜査チームは官僚、法曹関係者の子供、スポーツ選手、芸能人など、70名以上を捜査対象に動いていることが明らかとなっています。

ラビの不正疑惑はすでにVIXXメンバーのスケジュールにも影響が出ており、ラビは参加予定ではなかったものの、メンバーが開催予定だったファンサイン会が急遽、前日にキャンセルになるなど、理由は不明ですが、ラビのスキャンダルが影響したものと見られています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です